くすみが起きる原因

くすみが起きる原因

顔のくすみができる原因には紫外線や血行不良が考えられます。
紫外線の影響を受けたり、炎症を起こすと肌に刺激が加わります。これによりメラノサイトと言う物質が刺激を受ける事になり、ここでメラニンが作られてしまう様になるのです。
1度の刺激でメラニンの生成が大体2週間は続くと言われていますので大変な事ですね。
若いうちは新陳代謝も活発に行われていますので、メラニンがいくら作り出されても新しい細胞との入れ替わりが活発に行われていますので、そこまで大きな影響を受けないでいられるのですが、年齢を重ねるにしたがって新陳代謝はどんどん衰えてきてしまいます。

 

肌の細胞の代謝が悪くなるにつれて、くすみが目立ってきます。
紫外線を受けてメラニンを含んだ古い細胞は、剥がれ落ちずに肌の外側へ押し出され、留まってしまう様になります。
これが表面にシミとして現れます。
さらに、できたシミに紫外線があたると、ますます色が濃くなり目立つ様になってしまうのです。

 

顔のシミやくすみ解消の対策をサボっていると、大変な事になってしまいます。
シミが増えてくると、徐々に顔の色もくすんできてしまいますし、年齢を重ねるにつれて血行不良や新陳代謝の衰えも感じてくるようになり、細胞に対しても充分な栄養がいきわたらない状態に。そのため新しい細胞が作られにくくなり、さらに代謝が悪くなる・・・という悪循環になります。
また、顔のくすみができている場合、お肌の水分量が不足してしまうことも考えられます。乾燥は肌の一番の大敵。トラブル肌を招いてしまいます。
加齢による新陳代謝の衰えは避けられないものですが、日頃からケアをする上でも、くすみができるメカニズムをきちんと知っておくことが、くすみ解消へ第一歩になることと思います。